袴で華やかに

卒業式に袴を着る

卒業式に袴を着る 最近は学校内で予約から当日の着付け、返却までができるとっても便利な学校主催のレンタルがあります。
しかしこの場合、数に限りがあるため素敵なデザインの袴が借りれない場合があるので要注意です。
レンタル予約開始日に、素敵なデザインの袴と卒業式開始前に友達と記念写真が撮れるくらいの余裕を持った着付け開始時間の予約を確保しておくことをお勧めします。
もしも、素敵なデザインのものに出会えなかった場合でも、まだ諦めるのは早いです。
自分が納得のいくものを着ましょう! 成人式の際に、親御さんから振り袖をプレゼントしてもらったり、振り袖を譲り受けた覚えのある方はいませんか。
振り袖は、一生に限られた回数しか着ることのできないものと思われがちですが、袴として着ることができます。
着物屋さんによっては、袴のみのレンタルを行うことも可能です。
ちなみに、全身のレンタルをするよりも金額はかからないため経済的ですし、 学生まで育ててくれた親への感謝を示す機会として素敵な姿を親御さんへ見せられるのではないでしょうか。

卒業式の記念に袴を

卒業式などの記念式典には、凛とした姿で人気のある袴での出席を是非おすすめします。
袴は、着物の中でも限られた場でしか着用することができない服装です。
着物で生活していた時代から女学生の制服でもあった袴は、学生の思い出を凝縮した卒業式には最適の式服です。
卒業式は一生に何度もあるものではありませんので、後々になっても最高の思い出になります。
草履で歩くのが苦手な方には、編み上げブーツのスタイルがありますし、振袖のように楚々と歩かなくてもいいので立ちふるまいは楽でしょう。
振袖のように帯結びも大きくないので、椅子に腰かけても背中が邪魔になることはありません。
最近の袴は剣道や弓道着のようにハッキリとズボンのように分かれてはいません。
着物で一番の問題はトイレの際ですが、着物のように帯下の合わせ部分の乱れを気にすることもありませんので大変楽です。
ヘアスタイルもハーフアップで下ろしてもアップにしても、どちらでも合います。