袴で華やかに

卒業袴の前撮りの重要性

卒業袴の前撮りの重要性 卒業式で袴を着ると考えている人は少なくないと思います。
以前は大学の卒業式で着るというイメージでしたが、ここ最近では小学校の卒業式に着る子供も少なくありません。
お母さんは訪問着、子供は袴、素敵ですよね。
ここで前撮りの重要性ですが、卒業式で自分のデジカメで撮るからいいや、と前撮りをしない人もいます。
ただ、前撮りの良いところは、なんといってもプロもカメラマンに撮影してもらえることです。
最近では、老舗の写真館だけではなくもっとカジュアルに撮影出来るスタジオも増えています。
背景も単色だけではなく、ハウススタジオのようにかわいらしいスタジオも多くあります。
スタジオで撮影する際にはセルフメイクではなく、オプションがかかってもプロにやってもらうことをおすすめします。
スタジオのライトはとても光が強いので、普段しているようなメイクだと飛んですっぴんのように見えてしまいます。
撮影用のメイクをしてもらい、プロに撮ってもらった写真は、当日自分で撮る写真に比べてかなり洗練されて見えるでしょう。
ご家族も着物を着て、ご家族撮影も一生の思い出になりますね。

女性の袴とメイクの組み合わせ

卒業式や成人式で袴を着るとき、メイクも華やかな舞台には必要なものです。
メイクで下地、ファンデーションを塗るときは白くなりすぎないように心掛けることがコツの1つです。
仕上げのチークは少し濃い目で頬に入れると表情が良くなります。
目は、アイラインを塗ると瞳が大きく見えて印象も深いです。
アイラインに付け加えてマスカラを付けることも重要です。
アイシャドウは、袴の色、形によって雰囲気も格段に変わります。
目尻に赤系のアイシャドウを入れるのも良いです。
そして、メイクをする際一番忘れてしまうところは首元です。
首元は、見えていなくても実は周りから視線を浴びてしまうことが多いです。
首元はファンデーションを塗ってしまうと袴に付いてしまうので使用しません。
首元は、化粧水やクリームを使用して保湿します。
その後に、パウダーを軽くはたけば綺麗な首筋へと変化します。
メイクの仕方は、袴の色、模様、形によって大きく変わります。