袴で華やかに

馴染みがないから知っておきたい!袴を着るときにかかるお金

馴染みがないから知っておきたい!袴を着るときにかかるお金 袴を着る機会は今では卒業式ぐらいしかないでしょう。
普段着る機会がないものなので、何にお金がかかってくるのかよく分からないものです。
卒業式の為だけに袴を購入する方はほぼいらっしゃらないはずです。
ほぼレンタルを利用されることになるかと思いますが、着物をレンタルするお金以外にも、着付けやヘアセット、小物に至るまで、袴を着る際には費用がかかってきます。
着物レンタルをする際に、どこまでセット料金に含まれているのかよく確認しておくようにしましょう。
小物に関しても、草履以外にもこだわりのブーツを履いたり、セットアップの小物も着物に合わせて自分の好みの物を探したいという事であれば、レンタルではなく購入しなければならないこともあるでしょう。
また、ヘアメイクも着付けがセットになっている料金なのかどうか、また予約も卒業式に間に合うように朝早くから予約することが出来るのかどうか確認しておく必要があります。
卒業式は重なりますので、早めの予約がおすすめです。

どうして「晴れ着=袴」なの?

袴は平安時代には、宮廷に仕える女性たちが十二単の一部としてまとう衣装でしたが、武士の世の中になると礼服として用いられるようになりました。
現代では主に男子の礼装として、女子のものであると弓道着や巫女の衣装の他に卒業式や成人式での礼装として人気が高まっています。
卒業式や成人式というハレの場において袴が晴れ着とされるのには大きく分けて二つの理由があります。
一つ目は制服としての歴史です。
明治時代に袴は女学生の制服として用いられていました。
当時の時代背景を考えると、女学校に進学するという女性はごくわずかであり、女学生は多くの女子たちの憧れの存在だったのです。
そうした身分の女性が身につけていた憧れの象徴として、現代では晴れ着として用いられるようになったのです。
二つ目の理由は、模様に込められた意味です。
定番の模様である矢絣(やがすり)には「矢のようにまっすぐ突き進む」という意味が込められています。
このめでたい模様の意味はハレの場にぴったりです。
この二つの理由から袴は晴れ着として用いられるのです。