袴で華やかに

なぜ女性は卒業式に袴を着るの?

なぜ女性は卒業式に袴を着るの? 卒業式と言えば、振袖派と人気を二分するほど袴は人気です。
なぜ女性は卒業式に袴を着るようになったのでしょうか。
女性がこのファッションに身を包み始めたのは明治時代と言われています。
欧米文化の影響で女性が外を出歩くようになり、裾捌きが気にならないという理由で広まったこのスタイルは、制服として取り入れられるようになり、定着します。
学業との結びつきが強く、また漫画や映画、人気の歌劇団で採用されていたことも手伝って、卒業式のスタイルとして確立されるに至ります。
近年ではファッションブランドや著名なタレントのプロデュースも当たり前になりました。
女性らしい可愛らしさの中にも凛々しい佇まいがあり、長く人気に衰えが見られません。
また着ていても背筋が伸び、引き締まった感覚があるので気持ちが良いです。
それでいて帯の位置などゆとりのある着方ができるので、着ていて疲れないというメリットもあります。
編み上げのブーツと合わせたりと、ファッションそのものを楽しめる自由度もウケています。
なぜ袴を選ぶのかという答えには、こう言った様々な要素や利点が重なり合っています。

袴選びのポイント

袴選びのポイントとして、自分の似合う色を選ぶということがあります。
袴というのは洋服と違って頻繁に着れるものではありませんから、普段着れないような色や特別な色を選ぶような人も多いでしょう。
ですがクールな印象の人がキュートで幼いイメージのあるピンクやパステルカラーの色などを選んでしまえば、自己満足で周りからはアンバランスだと思われてしまうこともあるものです。
ですが袴を着る時というのはとても貴重な時でもありますから、周りは気にせず自分の好みを追及して選ぶという方法も良いです。
ですがそういった時でも後々写真を見た時に残念な印象にならないようにするためにもバランスの取れた小物や髪型を選ぶということがポイントです。
また、袴は着物と違って上下で違う色のものを選ぶのが普通です。
ですから上下の色のバランスなども考えると良いです。
上が派手ならば下はシックにするなど、全体的に色の組み合わせがおかしくならないようにも注意しましょう。