袴で華やかに

卒業式に袴を着ると良い理由

卒業式に袴を着ると良い理由 制服のない大学などの卒業式に何を着るかという事はちょっとした問題です。
高校までは制服を着用すればよかったのですが、そういった決まった服装がないことで、改まった場に着て行くものについて悩むことも多いものです。
式典ですからきちんとした服装が求められますが、それが意外と難しいものとなります。
就職活動に利用したスーツを着用する方も見られますが、卒業式にふさわしい華やかさに欠けてしまうという事もあります。
これが卒業式に袴を着用するとよい理由の一つとなります。
卒業式という一つの人生の節目に華やかな衣装で臨むことで、その場の雰囲気も華やかにし、これからの人生も明るく彩ることになるからです。
また、周りの学生も袴を着てくるケースが多いので、一人だけ記念写真で浮かないようにするという事も理由となります。
成人式の着物を使う方も多いですが、袴を含めてすべてレンタルすることも可能なので、ぜひ着物を着て行く準備をしていきましょう。

卒業式の記念に袴を着ると良い理由

卒業式、特に大学の卒業式というと、女性は袴を着る人が大半です。
これはなぜなのでしょうか。
まず、そもそも女子学生が袴を着るようになったのは明治の中頃だといわれています。
生活様式が変わり、女性にも歩きやすい衣服が求められ、歩いたり椅子に座ったりしやすいものが選ばれたのです。
それが次第に女学生の制服となり、卒業式でも着られるようになりました。
女学生に対する憧れの心が、服装をまねるという形d 卒業式の定番のデザインが、矢絣という矢印の形をしたものです。
これは、矢を射た形がイメージされ、まっすぐ突き進むことから縁起の良い柄だとされています。
卒業の記念に、仲のいい友達同士で袴を着て祝いあうという姿はほほえましいものです。
袴は、一生のイベントの中でも特に卒業式に特化したものですので、これを逃してしまうともう着る機会はないかもしれません。
これから先後悔しないためにも、きちんと着て写真に残して、記念にできれば良いでしょう。