袴で華やかに

袴のシワを取る方法

袴のシワを取る方法 袴のシワを上手にとる方法はどうすればよいのかというと、基本的に袴は平面構造で出来ているのできれいにたたんで重いものを上にのせておけばシワは多少取る事ができます。
それでも取れない場合はアイロンを使って取るとよいです。
この際気をつけるポイントは、直接袴にアイロンをかけないという事です。
必ず一枚当て布を敷いてから中温でかける事が大切です。
中々取れない場合は、当て布の受けから軽く水を吹きかけてから再びアイロンを当てていきます。
また無理に高温でかけると傷んでしまう恐れがあるのでやってはいけません。
それから、アイロンをかける前にハンガーにかけて少しでも小さなシワを取っておくことも必要です。
そしてアイロンをかけてもいまいち取れない場合は、クリーニングに出すという方法もあります。
しかし袴はワイシャツやスーツと違い特殊な衣服なので多少値段が高くなる場合があります。
また中には取り扱っていないお店や、受けてもらっても時間がかかる可能性もあるので注意が必要です。

袴のお手入れ方法

袴などは普段着ることがなく、タンスの中に入れっぱなしということがありますが、長く着るためには着るたびごとにお手入れをすることが大切です。
袴の日頃のお手入れの方法としては、まず着る前には必ず手を洗って着用します。
外出先では食事をするときにはハンカチを膝に置いたり、車のシートなどでは腰をかけるときにハンカチを敷いたりすることで汚れを防ぎます。
脱いだ後は、すぐに畳まずにハンガーなどにかけて半日程度風通しの良いところにかけておきます。
そのあと毛の柔らかいブラシでさっとホコリを落とします。
汗をかいたときには、濡れタオルを2枚用意し、汗のついた部分を両側から軽く叩いていき、終わったrさっとアイロンをかけて布目を正します。
収納するときはきちんとたたんで、なるべく防湿効果や防虫効果にすぐれている桐ダンスなどで保管することがオススメです。
汚れがひどい場合には、専門家によってお手入れしてもらうことが大切です。